2007年05月23日

創価学会の記念日「創価文化の日」

秋のGWより6月に祝日を(その3) 「秋のGW」で「文化の日」を動かさない理由は創価学会の記念日「創価文化の日」だから

それにしても
 なぜ明治節と同じ日の「文化の日」を動かさない「秋のGW」
なのかと思ったら、
 11月の創価学会記念日カレンダー
を見て納得した。


学会記念日アラカルト

11月
11月 2日 創価班の日
11月 3日 創価文化の日
11月 5日 男子部の日
11月12日 女子部の日
11月15日 地域部の日
11月18日 創価学会創立記念日  初代会長牧口先生殉教の日
※11月第2日曜 専門部の日

公明党案は
 11月3日の文化の日を中心に、体育の日と勤労感謝の日を前後に移す
だった。

要するに
 11月2日の創価班の日と11月5日の男子部の日に近い日を創価文化の日を中心とした「秋のGW」に組み込む
わけじゃん。

誰が見ても
 創価学会に迎合した素敵な選挙対策
だな。

これ、自民が飲んだら、相当笑われると思いますが。日本の保守支持者は
 自民は嫌いじゃないが、公明は嫌い
ってヒトが少なくないはず。

ま、もしこれが
 参院選の目玉
になるようだったら、たぶんネットなどで
 創価学会のための祝日移動政策を許すな
という運動が起きるだろうな。

しかし、本音では
 11月18日を国民の祝日に
と思っているのではないか、公明党。

posted by 秋のGW 11月連休 at 08:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政治は実績が大事!
何をしたかですよね。
マニフェスト実現率97%!流石!

偏見より、事実を見ようぜ。

Posted by 大好き、公明党! at 2007年09月30日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。