2007年05月20日

11月のGW構想=参院選意識、公約化を検討−与党

11月のGW構想=参院選意識、公約化を検討−与党

   -----秋のGW11月連休-----秋のGW11月連休-----

 秋の祝日をまとめ、11月上旬に「大型連休」をつくる構想が15日、与党内に浮上した。

旅行をしやすくすることで、観光業の振興や景気刺激につなげようという狙いだ。

自民、公明両党間で夏の参院選の共通公約に盛り込むことも視野に、効果や問題点などに関して検討する。

   -----秋のGW11月連休-----秋のGW11月連休-----

 構想は、10月第2月曜日の「体育の日」と11月23日の「勤労感謝の日」を、同3日の「文化の日」の前後に移動し、土日や振り替え休日を活用して長めの連休を取りやすくする内容。

自民党の中川秀直幹事長は15日の記者会見で「経済効果を期待する意見もある。与党の公約づくりで真剣に考えたらいい」と表明。

公明党の斉藤鉄夫政調会長も「お金のかからない景気対策、観光振興策として検討に値する」と記者団に語った。

   -----秋のGW11月連休-----秋のGW11月連休-----

posted by 秋のGW 11月連休 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41937900

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。